ウラジーミル・レーニン 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

具合が悪いときに一番重要なことは、決して気力を失わないことだ。

ウラジーミル・レーニン

2.

もっとも危険なことは、敗北よりもむしろ自分の敗北を認めるのを恐れることであり、その敗北から何も学ばないことである

ウラジーミル・レーニン

3.

は強い樹を作る

ウラジーミル・レーニン

4.

一人は万人のために、万人は一人のため

ウラジーミル・レーニン

5.

どの政治あるいは社会グループ、勢力、重要人物が、ある特定の提案や処置などを支持するかどうか、そのことが明確でなかったら、『それは誰の役に立つのか』をつねに問わなければならない

ウラジーミル・レーニン

6.

銃を持つ1人の人間は銃を持たない100人をコントロールできる

ウラジーミル・レーニン

7.

信頼はよいものだ、しかし統制はもっとよい

ウラジーミル・レーニン

8.

誰が君を褒めるか言ってみたまえ、君の過ちが何なのか教えてあげよう

ウラジーミル・レーニン

9.

行動を遅らせることは死と同じである。

ウラジーミル・レーニン

10.

思想は大衆の心をつかんだ時、となる

ウラジーミル・レーニン

11.

国が存在する限り自由はない。自由がある限り国は存在しない

ウラジーミル・レーニン

12.

学べ、学べ、なお学べ

ウラジーミル・レーニン

13.

政治には道徳はない。便宜だけがある。ということは悪党という理由だけで悪党こそは我々の役に立つのかもしれない。

ウラジーミル・レーニン

14.

大きなことをいうときには、注意しなければならない。偉大な行いにそうした言葉を当てはめることは途方もなく困難なのだ

ウラジーミル・レーニン

15.

もっとも危険なことは、敗北よりもむしろ自分の敗北を認めるのを恐れることであり、その敗北から何も学ばないことである

ウラジーミル・レーニン

16.

無関心は権力者、統治者への静かな支持である

ウラジーミル・レーニン

17.

一歩前進、二歩後退

ウラジーミル・レーニン

18.

戦略無き革命運動はありえない

ウラジーミル・レーニン

19.

一般に怨恨というものは、政治の中では普通、最悪の役割を演じる

ウラジーミル・レーニン

20.

具体的なものを抽象的なものにすり替えることは、革命における最も重要かつ危険な罪過のひとつである

ウラジーミル・レーニン

21.

抽象的な真理など無い、真理は常に具体的である

ウラジーミル・レーニン