上原浩治 珠玉の名言・格言21選

アスリートの名言

1.

どれだけ自分を律し、どれだけ辛抱して頑張れるか

上原浩治

2.

工夫と努力があったから、強くなれた。自ら考え自発的に取り組むこと、考える組織を作ることが、どんな逆境も克服して行く

上原浩治

3.

結果が得られなくても、それは失敗ではない。人の評価や結果以上に大事なのは、自分がどれだけ納得出来るかだ。そうして掴んだ自信は、簡単には壊れない

上原浩治

4.

練習は裏切らない。結局は努力したやつが勝つと思っている

上原浩治

5.

地味な基本は見過ごされがちなもの。けれども、目に見えない土台の強さは、将来の可能性を限りなく広げてくれる

上原浩治

6.

私は生まれ付いての強者ではない。“雑草”であると自認しているし、“雑草”であることにプライドも持っている

上原浩治

7.

僕の野球人としての武器は、自分を曲げなかったことですね

上原浩治

8.

よりレベルの高い世界を知って衝撃を受けることは、自分の引き出しを増やすことになる。何故なら、自分に何が足りないかを気付かせてくれるからだ

上原浩治

9.

経験上思うのは、選手の気持ちというものは周囲に広がっていくんですよ。チーム内で 「必ず優勝する!」 という気持ちがブレないでいると、驚くようなチームプレーが生まれたりもする

上原浩治

10.

雑草がエリートを打ち負かして勝てば、喜びは何倍も大きいだろう。ただ、私の目的は、ライバルや相手を倒し、輝かしい成績を上げることではない。私が闘う最も手ごわい敵とは、弱さを持つ自分自身の心だったのだ

上原浩治

11.

たかが2、3年ね、15勝したって、それを僕はエースとは思わない

上原浩治

12.

どんな時でも絶対に諦めないで、立ちはだかる壁と格闘し続けなければいけないと心に決めている

上原浩治

13.

人は嫌なことから学べることも多い。そういう前向きな姿勢こそが、辛さに耐えて我慢が出来る“強さ”を培って行く

上原浩治

14.

浪人時代という挫折があったから、今のボクがあるのです。あれが自分の原点です

上原浩治

15.

嫌なこと、苦手なことにこだわり無理を強いられていたら、どこかで自信をなくしていたかもしれない。楽しいと思えることから出発するのが、好きな自分に出会う第一歩だ

上原浩治

16.

気持ちが体を突き動かす。激しく動く自由な感情は、闘志の原動力になって行く

上原浩治

17.

人って、結局は褒められて伸びるものなんだと思います。褒められると素直に嬉しいし、やっていてよかったと思える

上原浩治

18.

自分を引っ張ってくれる理想像を鮮明に思い描くことで、それを目指して頑張ることが出来る

上原浩治

19.

野球が楽しくなくなったら、止めたほうがましですよ

上原浩治

20.

チームの流れが悪いときは、悪い流れに乗らないようにすることを必ず考えます

上原浩治

21.

やっぱり野球がやりたい

上原浩治

タイトルとURLをコピーしました