ad

花火の名言・名句21選

ad
季節の名言
ad

1.

先が短いなら短いなりに僕は面白う生きたい。派手な打ち上げ花火を打ち上げて、消えていく…。

高杉晋作

2.

先が短いなら短いなりに僕は面白う生きたい。派手な打ち上げ花火を打ち上げて、消えていく…。

高杉晋作

3.

むかしの花火つくりの名人は、打ちあげられて、玉が空中でぽんと割れる、あの音に最も苦心を払った。花火は聞くもの。

太宰治

4.

行動は一瞬の花火のように炸裂しながら、長い人生を要約するふしぎな力を持っている。

三島由紀夫

5.

みんなが爆弾なんか作らないで、きれいな花火ばかり作っていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな。

山下清

6.

川舟や花火の夜も花火売り

小林一茶

7.

手花火のこぼす火の色水の色

後藤夜半

8.

今年の花火は診療所の屋上で見る。それまでは生きたい

不明

9.

花火の音が心臓に響く感覚が好きだ。オーケストラやロックバンドの演奏を生で聞いているのと同じような迫力がある。

不明

10.

花火大会が終わると、また空気は変わる。期待に高まっていた熱気が、漂う寂しさと軽い疲労感に変わる。

不明

11.

夏は外で花火をしようね。絶対だよ。

不明

12.

道端に咲く小さな花。それは線香花火が燃え尽きる時の様で

上野まり子

13.

手花火の ポツリと落ちて 波の音

手に持った花火(線香花火)の火がポツリと落ちた後は波の音だけになった

不明

14.

花火大会ではぐれないようにと手をつないでくれて、花火大会中もずっとドキドキしていた

不明

15.

(線香花火を見て)綺麗だな、これは魂だな

山下清

16.

未来とは レモン氷の 向こうなる おまえの八重歯に 映った花火

陣崎草子

17.

花火せよ 淀のお茶屋の 夕月夜

夕方の夜に淀川のお茶屋から花火を打ち上げたいものだ

与謝蕪村

18.

海の月 花火彩る 美しき

花火を彩るように出ている月が海に映ってなんと美しいことよ

河東碧梧桐

19.

花火見や 風情こごみて 舟の妻

舟に乗っている妻が花火を見てとかがんでいる姿に風情を感じる

飯田蛇笏

20.

夕涼み 花火線香の 匂ひ哉

夕涼みをしているとどこからか線香花火の香りがしてきた

正岡子規

21.

閑けさや 花火消えたる あとの星

賑やかだった花火が消えた後、閑かな空に光っている星たち

日野草城

ad
ad



この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
季節の名言
ad
心を輝かせる名言集