王陽明 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

君子は行いをもって言い、小人は舌をもって言う。

王陽明

2.

ただ静かに心を養おうとしても、事が起これば、心は外の力で圧倒される。人は常に実際に起こる物事の上で、自己を磨くべきだ。そうすることで心が確立する。

王陽明

3.

その人がどういうものを好むかで、人を判断しなさい。

王陽明

4.

反省は病を治す薬だが、大事なのは過ちを改めるということだ。もし悔いにとらわれているだけなら、その薬が元で別の病がおこる。

王陽明

5.

人生の大病は、「傲」(ごう)の一字に尽きる。

※傲…思い上がること

王陽明

6.

山中の賊を破るのは易く、心中の賊を破るのは難し。

王陽明

7.

実行の中にのみ学問がある。行動しなければ学問ではない。

王陽明

8.

ただ善を行うことに心を一つにし、死か生か短命か長命かといったことに関しては、我が身を修めて天命を待つだけだ

王陽明

9.

人の才能や気性はみな同じということはない。立派な人は人を型にはめたりしない。進取の気性に富む人はそれを生かし、律儀な人はその頑なな性格をいかして立派な人物に育てるのがよい

王陽明

10.

人はまず食べたいと欲する心があって、その後に実際に食べてみるという行動を起こしてから味を知る。食べたいと欲する心は意思であり、行動のはじめである

王陽明

11.

修行は一進一退するのが当然である。他人の非難や嘲笑、または栄誉に関わりなく私欲を取り除き、本来持っている善心に沿って生きる修行を怠らなければ、必ず実力を得るようになる

王陽明

12.

人は皆聖人である。しかし、時間が経つにつれ私欲が生じ、物欲が生まれ、他人と自分とを一体のものだと考えられなくなる。だから本来持っている聖人の心に戻るために、私欲に打ち克たなければならない

王陽明

13.

人はあらかじめ善悪の判断の中にあるのではなく、心の本体は無善無悪。その混沌からほとばしるものこそが真の善である。

王陽明

14.

知識をつけることは、行動の始まり。行動することは、知識を完成させること。行わなければ、知っているとは言えない。知っていても、行わなければ、知らないのと同じである。

王陽明

15.

友に対するに、相手に学ぶようにつきあえば成長が得られるが、相手の上に立とうとするのは悪いことになるだけだ。

王陽明

16.

聖人は、天地万物を一つのものとみて、生物全てを自分の兄弟か子供と思い、教え養う。全ての人類と私とは別のものではなく全て一つのものである。

王陽明

17.

仕事が上手くいかないことを心配するのは名誉欲や損得の欲にひきつけられて、本来持っている善心を発揮できないからである。大事なのは結果を求めるのではなく、欲に克ち本来持っている善心を発揮することだけだ。

王陽明

18.

人を責めることをやめて、自分の心を正すことが大事だ。

王陽明

19.

聖人を信じて教えに素直に従うのもいいことだが、本来持っている善心に従うほうがよい。

王陽明

20.

学問は自分の心の中に刻まれるのが第一義である。もし自分の心に照らし合せて、誤りだと思ったら、たとえ孔子の言葉であろうとも、それを正しいとしてはいけない。

王陽明

21.

本来持っている善心にしたがって行動すればよい。そうすれば善は残り、悪は去る。

王陽明

タイトルとURLをコピーしました