種田山頭火 珠玉の名言・名歌21選

偉人の名言

1.

ほろほろほろびゆくわたくしの秋

種田山頭火

2.

人生は奇跡ではない、軌跡である

種田山頭火

3.

おこるな しゃべるな むさぼるな ゆっくりあるけ しっかりあるけ

種田山頭火

4.

無理をするな、素直であれ。すべてがこの語句に尽きる、この心構えさえ失わなければ、人は人として十分に生きてゆける

種田山頭火

5.

こんな良い月を一人で見て寝る

種田山頭火

6.

「あきらめ」ということほど言い易くして行い難いことはない

種田山頭火

7.

大正十五年四月、解くすべもない惑ひを背負うて、行乞流転の旅に出た

種田山頭火

8.

あるがまま雑草として芽をふく

種田山頭火

9.

ああ酒、酒、酒、酒ゆえに生きても来たが、こんなものになった。酒は悪魔か仏か、毒か薬か

種田山頭火

10.

一杯やりたい夕焼けの空

種田山頭火

11.

どうしようもない私が歩いている

種田山頭火

12.

この道しかない 一人であるく

種田山頭火

13.

ほんたうでない、といつて、うそでもない生活、それが私の現在だ。

種田山頭火

14.

まっすぐな道でさみしい

種田山頭火

15.

分け入つても分け入つても青い山

種田山頭火

16.

ビルとビルとのすきまから見えて山の青さよ

種田山頭火

17.

人々に幸福あれ、災害なかれ、しかし無常流転はどうすることも出来ないのだ

種田山頭火

18.

私の念願は二つ。ただ二つある。ほんとうの自分の句を作りあげることがその一つ。そして他の一つはころり往生である。

種田山頭火

19.

私が自叙伝を書くならば、その冒頭の語句として、──私一家の不幸は母の自殺から初まる、──と書かなければならない

種田山頭火

20.

俳句ほど作者を離れない文芸はあるまい(中略)、一句一句に作者の顔が刻みこまれてある、その顔が解らなければその句はほんたう解らないのである

種田山頭火

21.

泣きたい時に笑い、笑いたい時に泣くのが私の生活だ。泣きたい時に泣き、笑いたい時に笑うのが私の芸術である。

種田山頭火

タイトルとURLをコピーしました