伊藤美誠 珠玉の名言・格言21選

アスリートの名言
Mima Ito (JPN), October 13, 2019 - Table Tennis : 2019 German Open Women's Singles Semifinal at OVB Arena in Bremen, Germany. (Photo by Itaru Chiba/AFLO)

1.

小学生の頃から”20歳で2020年の五輪で金メダルを取る”と言い続けてきた。

伊藤美誠

2.

自分が努力できるのは、『目標』があるからです。ここまでの道のりも途中で諦めずに来られたのは、『オリンピックで優勝する』という目標を持っているからです。

伊藤美誠

3.

いつでも、どんな場面でも、誰が相手でも強気に。

伊藤美誠

4.

私は、やめたいと思ったことは一度もありません。ときどき、『しばらくお休みはしたいなぁ』とは思うんですけど、『やめたい』とは思いません。

伊藤美誠

5.

いつもの卓球大会では、勝つことだけに集中していますし、優勝を目指して出るので、そのことだけを考えています

伊藤美誠

6.

最強の選手になりたいなって思います。何でもできる選手、どこからでも引き返せる選手、粘り強いっていうふうな選手になりたいです

伊藤美誠

7.

まわりに強い人がいるから私もがんばれるし、今はすごく恵まれていると思う。そうじゃない時代に卓球界を支えてくれた先輩たちにも感謝しています

伊藤美誠

8.

私は、生まれ変わっても卓球の選手になりたいんです。

伊藤美誠

9.

苦しい練習をやってきてよかった

伊藤美誠

10.

何があってもしっかり勝つことを一番に考えたいなと

伊藤美誠

11.

先輩を手ぶらで帰すわけにはいかない

伊藤美誠

12.

たとえ1か月前の試合でも、相手がプレーを変えていることは絶対あるので、やってみないとわからない

伊藤美誠

13.

1回対戦して勝ったんですけど、気持ちとしては1回負けたつもりでやりました

伊藤美誠

14.

『目標をもって日々生活する』。私にとっては、それが一番

伊藤美誠

15.

卓球を始めたころ、憧れの選手が石川さんや福原さんだったけど、五輪選考レースもあったので、対戦するときは勝ちたいという気持ちが強かったです

伊藤美誠

16.

試合になったら、ベンチにコーチはいるんですけど、話せるのは 1分間しかありません。1ゲームが終わらないと一緒に考えられないので、あとは1人で考えなくちゃいけない。 絶対、自分で考えているほうが有利だと思います

伊藤美誠

17.

自分から話すということが大切だと思います。コーチから言われるだけってなると、自分で考えなくなるので。

伊藤美誠

18.

シングルスとダブルスで変化が起こることです。面白いのは、シングルスだとかなわない相手にも、ダブルスだと勝てたりするんです。

伊藤美誠

19.

ダブルスの場合には、パートナーとコミュニケーションとかとれていないと、チームとして、全然駄目になったり、逆にコミュニケーションが上手くいっていると、凄く強くなったりして、面白い

伊藤美誠

20.

(一般的な中学生は受験、遊び、恋愛と楽しんでいるけど、と質問され)みんな、楽しそうですけど、自分たちは自分たちで、違う楽しみがあるから大丈夫です

伊藤美誠

21.

国際試合の決勝戦は、緊張しないんですよ。むしろ、1回戦の方が緊張してしまいますね

伊藤美誠

タイトルとURLをコピーしました