渡部昇一 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

求めるというのはなによりも大切なことです。求める気持ちが多くのものをもたらす

渡部昇一

2.

どんな不幸でも、不幸だと思う前に、もっといい幸せが来るために今の不幸があるのだと思いなさい

渡部昇一

3.

人は心底尊敬した人物から知らず知らずのうちに多くのものを学ぶ

渡部昇一

4.

世の中がどうあれ、コツコツと努力を続けていれば、ある日ある時天の一角から幸運が舞い降りてくる

渡部昇一

5.

どんな本を読んでいるかが、いざという時にその人の振る舞いに出てくる

渡部昇一

6.

私は、まず自分の先祖を愛する立場、先祖に誇りを持つ立場から日本史を見てみたい。愛と誇りのないところに、どうして自分の主体性を洞察できるだろうか

渡部昇一

7.

人生で一番大切な事は何か、1つ挙げよと問われたら、私は躊躇なく「できない理由を探すな」と言いたい。

渡部昇一

8.

強烈な違和感が偉大なる人物を作るもとになるのである。

渡部昇一

9.

これからの社会は「よく詰まった頭脳」より「よく働く頭脳」に属する人物を必要としている。求められているのは、「官僚型」より「企業家型」の人物である。

渡部昇一

10.

顔には仕事への『打ち込み方』が如実に出る

渡部昇一

11.

あなたは、人生という実業にたずさわっているわけですから、ある意味の実業家でもあります。自分の好きなことをやり、欲しいと思うものを持つ、成功した実業家になりなさい。

渡部昇一

12.

たった一つの『詰めの甘さ』が大禍根の元となる

渡部昇一

13.

一流の人物の条件としてまず挙げられるのは、一つの目標達成のための強烈なビジョンを持っていること、そして、そのためには一命をなげうってもかまわないと考えていることだ。このいい例を、私たちは明治維新に多く見ることができる

渡部昇一

14.

日本には世界的な思想家がいないと言われるが、私は世界的にユニークな哲学者としては、石田梅岩の心学と松下幸之助のPHPがあると思っている

渡部昇一

15.

成長性の低い江戸時代に商売をやるのは厳しかった。そういうときも、嘘を言わない、ごまかさないことに徹して生き残ったのが日本の商人精神である

渡部昇一

16.

そもそも『堅気』という言葉は、武士に使うものでもなければ、百姓に使う言葉でもない。『ごまかさない町人』にだけ使う言葉である。薄利を積み重ね、手堅くやっていくのが堅気の精神である

渡部昇一

17.

物事がうまくいかなかったり失敗してしまった時人のせいにすれば自分は楽です。悪いのはほかであって自分ではないのだから気楽なものです。だがこういう態度では物事はそこで終わってしまってそこから得たり学んだりするものは何もありません。

渡部昇一

18.

「ああではなく、こうすればよかった」という反省の思慮を持つこと。それが進歩であり前進であり向上というものです。

渡部昇一

19.

健全なる生活とは、汚れない心を持って、立派な思想を持ち、絶えず有益な仕事に従事している単純な生活である。

渡部昇一

20.

嫉妬の心が起こりかけてきたら、すぐに、「彼とその富に祝福あれ」と言うのです。その人のために喜んでやるのです。そうすると、あなたの意識する心が、富や幸運を肯定することになり、それが潜在意識に受け入れられ、あなたにも富や幸運がもたらされるのです。

渡部昇一

21.

最大の国難とは、日本人のアイデンティティーが失われてしまうことである

渡部昇一

タイトルとURLをコピーしました