生命の真理をついた名言・格言21選

人生の名言

1

世の中は食うて稼いで寝て起きて、さてその後は死ぬるばかりぞ

一休

2.

生死などは何でもない、つまらない事柄なのだ。 ただ、生きていく態度が重要なのだ

稲垣足穂

3.

人間、一度しか死ぬことはできない。命は神さまからの借りものだ

ウィリアム・シェイクスピア

4.

どのみち死なねばならぬなら、 私は、なっとくして死にたいのだ

梅崎春生

5.

めしを喰って静かに息をついていたら いつの間にか日が暮れて 気がついた時は墓場の中

相田みつを

6.

死は救いとは言いながら、そうは悟りきれぬものである

大佛次郎

7.

死を前にしたとき、みじめな気持ちで人生を振り返らなくてはならないとしたら、いやな出来事や逃したチャンス、やり残した言葉ばかりを思い出すとしたら、それはとても不幸なことだと思うの

オードリー・ヘプバーン

8.

人間は、みんなに愛されているうちに消えるのが一番だ

川端康成

9.

明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ

ガンジー

10.

生きるのも日常、死んでいくのも日常

樹木希林

11.

お前の人生が戯れにすぎなかったのなら、死はお前にとって真剣事であろう。 だが、お前が真剣に生きたのなら、死はお前にとって一つの戯れであろう

クレッチマン

12.

実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。なぜって、夢はその人が死んだ後もいき続けるのですから

ココ・シャネル

13.

人生は一歩一歩、死に向かっている

コユネイル

14.

人は死んでも、その人の影響は死ぬことはない

キング牧師

15.

死が訪れた時に死ぬのは俺なんだ。だから自分の好きなように生きさせてくれ

ジミ・ヘンドリックス

16.

人は死ぬ。あたりまえだ

釈迦

17.

人間は心の底ではまったく死を嫌悪していない。死ぬのを楽しみにさえしている。消えてゆくランプに苦しみはないのである

シャトー・ブリアン

18.

最初に自殺しようと考えた人間は、人生を永遠に侮辱してしまったのである。 人生は大いに気を悪くしている

ジョルジュ・ぺロ

19.

死すべき時を知らざる人は、生べき時を知らず

ジョン・ラスキン

20.

死というものは、実は人間にとって最大の祝福かもしれない

ソクラテス

21.

死のうと思っていた。 今年の正月、よそから着物一反もらった。 お年玉としてである。着物の布地は麻であった。 鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これは夏に着る着物であろう。 夏まで生きていようと思った

太宰治

この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
人生の名言
シェアする
心を輝かせる名言集をフォローする
心を輝かせる名言集
タイトルとURLをコピーしました