ad

茨木のり子 珠玉の名言・格言21選

ad
偉人の名言
ad

1.

駄目なことの一切を時代のせいにするな。わずかに光る尊厳の放棄。自分の感受性ぐらい自分で守れ。ばかものよ

茨木のり子

2.

気難かしくなってきたのを友人のせいにはするな。しなやかさを失ったのはどちらなのか

茨木のり子

3.

人間だけが息つくひまなく動きまわり、忙しさとひきかえに大切なものをぽとぽとと落としてゆきます

茨木のり子

4.

初心消えかかるのを暮しのせいにはするな。そもそもがひよわな志にすぎなかった

茨木のり子

5.

ひとりの人間の真摯な仕事は、おもいもかけない遠いところで、小さな小さな渦巻をつくる

茨木のり子

6.

世界に別れを告げる日に、ひとは一生をふりかえって、じぶんが本当に生きた日があまりにすくなかったことに驚くだろう

茨木のり子

7.

初々しさが大切なの。人に対しても世の中に対しても、人を人とも思わなくなったとき堕落が始まるのね

茨木のり子

8.

人間の仕事は一代かぎりのもの。伝統を受けつぎ、拡げる者はその息子とは限らない。その娘とは限らない

茨木のり子

9.

わたしが一番きれいだったときわたしの国は戦争で負けたそんな馬鹿なことってあるものかブラウスの腕をまくり卑屈な町をのし歩いた

茨木のり子

10.

ばさばさに乾いてゆく心をひとのせいにはするな。みずから水やりを怠っておいて

茨木のり子

11.

死こそ常態。生はいとしき蜃気楼。

茨木のり子

12.

生きてゆくぎりぎりの線を侵されたら、言葉を発射させるのだ。ラッセル姐御の二丁拳銃のように。百発百中の小気味よさで。

茨木のり子

13.

まきこまれ ふりまわされ くたびれはててある日 卒然と悟らされる。もしかしたら たぶんそう 沢山のやさしい手が添えられたのだ。一人で処理してきたと思っている。わたくしの幾つかの結節点にも 今日までそれと気づかせぬほどのさりげなさで

茨木のり子

14.

だいたいお母さんてものはさ しいんとしたとこがなくちゃいけないんだ

茨木のり子

15.

言葉が多すぎる というより 言葉らしきものが多すぎる というより 言葉と言えるほどのものが無い。この不毛 この荒野 賑々しきなかの亡国のきざし さびしいなあ うるさいなあ 顔ひんまがる

茨木のり子

16.

子供たちには ありったけの物語を話してきかせよう やがでどんな運命でも ドッジボールのように受けとめられるように

茨木のり子

17.

年老いても咲きたての薔薇 柔らかく 外にむかってひらかれるのこそ難しい

茨木のり子

18.

大人になってもどぎまぎしたっていいんだな ぎこちない挨拶 醜く赤くなる 失語症 なめらかでないしぐさ 子供の悪態にさえ傷ついてしまう 頼りない生牡蠣のような感受性 それらを鍛える必要は少しもなかったのだな

茨木のり子

19.

人間は誰でも心の底に、しいんと静かな湖を持つべきなのだ

茨木のり子

20.

苛立つのを 近親のせいにはするな なにもかも下手だったのはわたくし

茨木のり子

21.

私の意志で、葬儀・お別れ会は何もいたしません。この家も当分の間、無人となりますゆえ、弔慰の品はお花を含め、一切お送り下さいませんように。返送の無礼を重ねるだけと存じますので。“あの人も逝ったか”と一瞬、たったの一瞬思い出して下さればそれで十分でございます

茨木のり子

この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
自分旅行
「自分旅行」体験会 開催決定!

「本当の自分」が在る未来から
現在へ戻ってくる道筋を共に作る

本当の自分を思い出す「旅」へ
出かけよう。

\東京・名古屋で体験会実施中/

偉人の名言小説家・詩人の名言
ad
心を輝かせる名言集