吉田昌郎 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

もう駄目かと何度も思いました

吉田昌郎

2.

なかなか我々の肉声というのは通じない。調査委員会を通すと肉声がなかなか届かない

吉田昌郎

3.

一緒に死んでくれる人間を選ばなければならなかった

吉田昌郎

4.

福島県の皆さま、国民の皆さまもそうですが、発電所で事故を起こし、ご迷惑、ご不便をおかけしたことについて、心よりおわび申し上げたい

吉田昌郎

5.

現場に行って(免震重要棟に)上がってきてヘロヘロになって寝ていない、食事も十分ではない、体力的に限界という中で、現場に行って上がってまた現場に行こうとしている連中がたくさんいた。それを見た時にこの人たちのために何かできることを私はしなければならないと思った

吉田昌郎

6.

ふざけんじゃねえ!こっちには、そんな(数の)余裕はねえんだ!

吉田昌郎

7.

我々のイメージは東日本壊滅ですよ

吉田昌郎

8.

現場で命を賭けて頑張った部下たちに、ただ頭が下がります

吉田昌郎

9.

本店にも撤退ということは一言も言っていないし、私は思ってもいなかった。本店には一言も撤退と言っていないということは間違いない。事故調にもそう話をしている

吉田昌郎

10.

各班は、最少人数を残して退避!

吉田昌郎

11.

もう一度、津波や地震が来たらどうするんですか

吉田昌郎

12.

いいか、これから海水注入の中止命令が本店から来るかもしれない。俺がお前にテレビ会議の中では海水注入中止を言うが、その命令は聞く必要はない。そのまま注入を続けろ。いいな

吉田昌郎

13.

あの時、海水注入を続けるしか原子炉の暴走を止める手段はなかったですね。水を入れる人間を誰にするか、私は選ばなければなりませんでした。それは誰に“一緒に死んでもらうか”ということでもあります

吉田昌郎

14.

3月11日から1週間が一番、次がどうなるか想像できない中で、できる限りのことをやった状況

吉田昌郎

15.

最悪の事故ですから。チェルノブイリ級ではなくて、チャイナシンドロームではないですけれども、ああいう状況になってしまう

吉田昌郎

16.

海水注入なんて、誰でもすぐにできると思っているかもしれませんが、そんなことはないんですよ。それを簡単にできるかのようにおっしゃる方もいますが、そういう話を聞くと、憤りを感じますね

吉田昌郎

17.

自衛隊の方には本当に申し訳なかった。水を補給しにきてくれた自衛隊の部隊が怪我をされて、本当に申し訳ないと思っている

吉田昌郎

18.

実際、ああやって現場に行ってくれた同僚一人一人は、本当にありがたい。私自身が免震重要棟にずっと座っているのが仕事で、現場に行けていない。いろいろな指示の中で本当にあとから現場に話を聞くと大変だったなと思うが、(部下は)そこに飛び込んでいってくれた

吉田昌郎

19.

私は本店とは立場が違いますから

吉田昌郎

20.

日本国中だけでなく世界の知恵を集めて、より発電所、第1原発をより安定化させることが一番求められている。いろいろな誰の責任うんぬんということもきちっとやるべきだが、やはり発電所を少しでも安定させる。それには人も必要だし、技術もいろいろな知恵が必要だ。そこに傾注するということが重要なことだと思う

吉田昌郎

21.

(『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』について)この本は、本店の連中に読んで欲しいんだ

吉田昌郎