草野マサムネ(スピッツ) 珠玉の名言・格言21選

アーティストの名言

1.

もともと音楽をやりたかったんじゃないんですよ、バンドをやりたかったんです

草野マサムネ

2.

いろんな風に誤解されたいと思ってる。ひとつの誤解じゃなくて、実はこうだ、いや、こうだって。それが理想

草野マサムネ

3.

ありがとう、心の1ページに刻んだ上で、付箋を付けておきます

草野マサムネ

4.

自分より才能のある人間は好きじゃない

草野マサムネ

5.

ちょっとの間でも楽しい気分になってくれるんだったら、それだけでも音楽には意味があるのかな

草野マサムネ

6.

やっぱB級が好きです、カルトな存在でいたいですね。

草野マサムネ

7.

ミュージシャンとしては“あっ!”と言ってもらえるうちが、花

草野マサムネ

8.

俺が歌を作るときのテーマは”セックスと死”だけです

草野マサムネ

9.

ちょっとの間でも楽しい気分になってくれるんだったら、それだけでも音楽には意味があるのかな

草野マサムネ

10.

ブリーフは履かない。自分の美学だから

草野マサムネ

11.

今までは旅をテーマに歌うことは多かったけど、まだ旅人になれてないっていう立場での歌を歌うのは初めてだった
※僕はきっと旅に出るについて

草野マサムネ

12.

今、どんどんムダが省かれていってるもんね。良くも悪くもムダがなくなってきてるのは、ちょっと寂しくもある

草野マサムネ

13.

ミュージシャンの未来というと、俺はラッキーな世代だったんだろうなと思うことはある

草野マサムネ

14.

自分の歌を聴きたいって言ってくれる人がいる限りは、たとえば“もう十分やったから南の離島にでも引っ込んで”みたいなことはできないという覚悟はあるかな。それは役割だと思う

草野マサムネ

15.

大道芸人さんたちを拝見して、初心に帰った。演奏なり歌なりを披露して、それに見合う対価をいただく。俺らがやってることもこれがベーシックなんだなと思いましたね。

草野マサムネ

16.

今巷で流れてるポップな音楽の歌詞の「あまりの当たり障りのなさ」に、一石投じたい気持ちもなくはない

草野マサムネ

17.

『ロック大陸』って俺がよく使う言葉なんですけど、そこに対して語りかけてるところはあるかもしれない

草野マサムネ

18.

ちょっと弱ってる人にまでとかに届くような歌だといいなと思いながら作ってます

草野マサムネ

19.

シンガーとしての自覚ってかなり低い。なんかバンドマンっていう感じの自覚なんですよね

草野マサムネ

20.

フラれると『もうこんなに人を好きになることはない』とすら思うがそれは毎回のことで、一週間ほどすれば完全に忘れて平気になる

草野マサムネ

21.

バンドが続けられてればお客さんが減っちゃってすごくキャパの小さい所にまた戻ることになっても、それは元の形に戻るだけ

草野マサムネ

タイトルとURLをコピーしました