本田宗一郎 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

人類の歴史の中で本当に強い人間などいない。いるのは弱さに甘んじている人間と、強くなろうと努力している人間だけだ。

本田宗一郎

2.

思想さえしっかりしていれば技術開発そのものはそう難しいものではない。技術はあくまでも末端のことであり、思想こそが技術を生む母体だ

本田宗一郎

3.

もったいないようだけど、捨てることが、一番巧妙な方法だね。捨てることを惜しんでいるヤツは、いつまでたってもできないね

本田宗一郎

4.

会社の為に働くな。自分が犠牲になるつもりで勤めたり、物を作ったりする人間がいるはずない。だから、会社の為などと言わず、自分の為に働け

本田宗一郎

5.

苦しい時もある。夜眠れぬこともあるだろう。どうしても壁がつき破れなくて、俺はダメな人間だと劣等感にさいなまれるかもしれない。私自身、その繰り返しだった

本田宗一郎

6.

我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。真似をして楽をしたものは、その後に苦しむことになる

本田宗一郎

7.

私の現在が成功というなら、私の過去はみんな失敗が土台作りをしていることにある。仕事は全部失敗の連続である

本田宗一郎

8.

社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない

本田宗一郎

9.

間違った先見力は、人の考えを誤らせ、道を閉ざす原因となる

本田宗一郎

10.

新しい発想を得ようと思うならまず誰かに話を聞け

本田宗一郎

11.

友情は、人間感情の中で最も洗練された、そして純粋な美しいものの一つだと思う。友情を交わす友人のいることは、その人の人生にとって非常に大きなプラスである

本田宗一郎

12.

新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる

本田宗一郎

13.

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、倒れるごとに起きるところにある

本田宗一郎

14.

日本企業のほとんどが経常利益を4千万も上げられないという時代です。よそと同じことをしててもしょうがない。「最後発でも勝たなきゃいかん」を信念に差別化すれば中小企業だって大企業に勝てる

本田宗一郎

15.

とかく他人にきびしく、自分自身に寛大なのは凡人の常だ。

本田宗一郎

16.

企業にもフシがある。儲かっている時はスムーズに伸びていくが、儲からん時がひとつのフシになる。このフシの時期が大切なのだ。私はフシのない企業は、どうも不安で見ていられないような気がする

本田宗一郎

17.

失敗と成功は裏腹になっている。みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない

本田宗一郎

18.

少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手をつけてみよう。幸福の芽は、そこから芽生え始める

本田宗一郎

19.

需要がそこにあるのではない。我々が需要を作り出すのだ。

本田宗一郎

20.

独創的な新製品をつくるヒントを得ようとしたら、市場調査の効力はゼロとなる。大衆の知恵は決して創意などもっていないのである。大衆は作家ではなく、批評家なのである

本田宗一郎

21.

私は自分と同じ性格の人間とは組まないという信念を持っていた

本田宗一郎