明治天皇 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

日本人としての心を常に磨きなさい。たとえ世の中が安泰の時代であろうとも。

明治天皇

2.

思い一つで努力すればどんなことでも実現しないわけがない

明治天皇

3.

空に届きそうなほどの高い山であろうとも、登ろうとする想いさえあれば道はみつかるものだ。

明治天皇

4.

たとえ他人よりも遅れをとろうとも、正しき道を踏み外してはならない

明治天皇

5.

どれだけ家が富み飽くほどの財産を築いたとしても、この世における自身の務めを怠ってはいけない。

明治天皇

6.

共に助け合い睦び合い切磋琢磨して向上していく友がいてこそ、世に出て活躍する力となる。

明治天皇

7.

何を行うにしても、誠(まこと)の道を歩きなさ

明治天皇

8.

人の上に立つ者は自身の行いが正しいかを、常に自身で問わなければならない。

明治天皇

9.

神々が収めしわが国に生まれた男子は、常に身体を鍛え、心を緩めてはいけない。

明治天皇

10.

器の形に従いながらも岩をも通す、水の力に学びなさ

明治天皇

11.

広き世の中で活躍しようとする者は、細事に心を費やしてはならない

明治天皇

12.

一家の大黒柱となる者は、さして重要でない事に心を動してはいけない。

明治天皇

13.

険しい山道の道しるべとなる松は、位など無くとも人々から敬われるものだ。

明治天皇

14.

遅い速いの違いはあったとしても、誠さえあれば辿り着ける。

明治天皇

15.

たとえ他人よりも遅れをとろうとも 正しき道を踏み外してはならな

明治天皇

16.

皆は辞表を出せば済むけれども、私は辞表を出すわけにはいかない

明治天皇

17.

おごそかに たもたざらめや 神代より うけつぎ来たる うらやすの国(重々しく威厳を保たないでいられようか、神代より受け継いできたこの日本の国を。)

明治天皇

18.

曇りなき心のそこのしらるるは ことばのたまのひかりなりけり(少しも曇りの無い心の奥底(誠)の知らるゝのはまことに言葉の珠といふべき 歌の上に光となりてよく現はれて居るぞ)

明治天皇

19.

国のためあだなす仇はくだくとも いつくしむべき事なわすれそ(我が国の為めに仇を為す敵は打ち砕くとも、其の半面には又其の人々に対して 残忍なる行為はなすな、仁徳の心を以て、慈愛を垂るゝことを忘れてはならぬぞ)

明治天皇

20.

よもの海 みなはらからと 思ふ世に など波風の たちさわぐらむ(四方の海にある国々はみな兄弟だと思っているこの世の中であるのに、どうして波風が立ち騒ぐのだろうか)

明治天皇

21.

江戸城は広いな。

明治天皇

この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
偉人の名言
シェアする
心を輝かせる名言集をフォローする
心を輝かせる名言集