川端康成 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば、自分の幸福なのだ

川端康成

2.

一人のよき友は、地上のすべての宝玉よりも、どんなに勝っていることか

川端康成

3.

別れる男に、花の名を一つは教えておきなさい。花は毎年必ず咲きます。

川端康成

4.

健全な愛は健全な人にしか宿らないものだよ

川端康成

5.

自分は「怠け者」であり、川端文学は「怠け者の文学」である

川端康成

6.

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった

川端康成

7.

犠牲を清らかならしめよ。自分を犠牲にした者は、自分を犠牲にしたことを忘れるのが、美しい犠牲の完成なのだ。

川端康成

8.

長い結婚は必ずしも出発に支配されない

川端康成

9.

男が家庭を持ちたいってのは、思い切り阿呆になれる場所がほしいからだ

川端康成

10.

夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ。

川端康成

11.

ささいなことが私たちを慰めるのは、ささいなことが私たちを悩ますからだ。

川端康成

12.

今日の結婚は明日の喜びか悲しみかわからないのを、ただ喜びであれと祈り、喜びであろうと夢見る。

川端康成

13.

日本の子供には、もっと孤独を教えないと、思想は生まれませんね。

川端康成

14.

誰にもかれにも、同じ時間が流れていると思うのはまちがいだ。

川端康成

15.

自分の年とってゆくのを忘れさせてくれるのは子供しかないってことは、あらゆる生物の楽しい悲劇ですよ。

川端康成

16.

人間は、みんなに愛されているうちに消えるのが一番だ。

川端康成

17.

死んだ者の罪を問わないのは、今は生きていてやがて死ぬ者の、深い真理かもしれませんよ。

川端康成

18.

生まれつき価値のある存在なのだから、自分の価値を他人に証明する必要はない。

川端康成

19.

忘れるにまかせるということが、結局最も美しく思い出すということなんだ。

川端康成

20.

死んだ時に人を悲しませないのが、人間最高の美徳さ。

川端康成

21.

僕は生きている方に味方するね。きっと人生だって、生きている方に味方するよ。

川端康成

タイトルとURLをコピーしました