井上陽水 珠玉の名言・格言21選

アーティストの名言

1.

人を泣かせる歌を作るには、氷のような心を持たねばならない。

井上陽水

2.

色々なイデオロギーがあって、価値観がある。その全ての部分に突っ込めるような“余地”は残しておきたい

井上陽水

3.

僕の中で歌というのはあくまで“娯楽”なんだということがまずあります。で、歌を聴いて悩むこともまた娯楽

井上陽水

4.

やっぱりアーティストも消耗品とまではいかないにしても、枯れていく可能性は否定できないワケで…。そこまでのケアはテレビやマスコミの方もしてくれませんから。そういうストッパー的な感情は割と若いころからあったんでしょうね

井上陽水

5.

100書いて、いいのが一つあるかどうかだから、いっぱい書くことが大切

井上陽水

6.

(サングラスをかけている理由)例えば如何わしい場所で人間の道を究める為

井上陽水

7.

“ブーム”っていうのは、ワケのわからない感じになっていく

井上陽水

8.

僕自身、人気歌手の対象に自分がなるとは夢にも思わなかったし、多くの人が受け入れてくれるのは戸惑いがあった

井上陽水

9.

スペシャルな野心はない

井上陽水

10.

謙虚、謙虚でやってまいりました

井上陽水

11.

音楽が仕事として成り立てばいいなぁ~くらいな気持ちしかなかったかなぁ

井上陽水

12.

たとえば40歳くらいまでやれるんだとか、 50歳くらいまでいけるんじゃないかとか、そんな計画を持つっていうのは、あんまりセンスがあるとは思えないんですよね

井上陽水

13.

やらざるを得ないという、そんな状態のほうが励める

井上陽水

14.

(『少年時代』の歌詞に出てくる“風あざみ”とはどういう意味ですか?)意味ないんだよ

井上陽水

15.

歌謡曲というのは永遠なものではあるんですよ

井上陽水

16.

僕はむしろ表面的なものはあまり好きじゃなくてね。“裏路地”が好きだったんですね、昔から

井上陽水

17.

(「傘がない」という歌について)天下国家より目先の女って歌です

井上陽水

18.

便利な世の中になっちゃったけど、便利な物の裏に必ずあるマイナス面と言いますかね。そういったものは必ず潜んでいるんですよ

井上陽水

19.

100書いて、いいのが一つあるかどうかだから、いっぱい書くことが大切

井上陽水

20.

お茶の間は大事だよ。お茶の間はバカにしちゃいけないよ

井上陽水

21.

たとえば40歳くらいまでやれるんだとか、 50歳くらいまでいけるんじゃないかとか、そんな計画を持つっていうのは、あんまりセンスがあるとは思えないんですよね

井上陽水