山本周五郎 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

人生は無限の教訓に満ちあふれている。しかしどの一つとってみても、万人にあてはまるものはない。それを教訓にするかどうかは、君自身の選択にかかっている。

山本周五郎

2.

人間、本当に生きようと思って、実際にその生きることに情熱を感じて仕事をしていれば、金というものは付随的についてくるものです。

山本周五郎

3.

この世で経験することは、なに一つ空しいものはない。歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる。

山本周五郎

4.

この世で生きてゆくということは、 損得勘定じゃあない。 短い一生なんだ、 自分の生きたいように 生きるほうがいい。

山本周五郎

5.

勤労の裏づけのない富は、人間を誤る。

山本周五郎

6.

一足跳びにあがるより、一歩ずつ登るほうが途中の草木や泉や、いろいろな風物を見ることができるしそれよりも、一歩、一歩を慥(たし)かめてきた、という自信をつかむことのほうが強い力になるものだ。

山本周五郎

7.

目的を定めて事を起こすとき大切なことは、目的が達せられるかという結果ではなく、目的を達成するために努力する過程である。

山本周五郎

8.

心に傷をもたない人間がつまらないように、あやまちのない人生は味気ないものだ。

山本周五郎

9.

幸運を望む男よ、お前が三つしか事を為さないのに十の結果を望んでいる間は、幸運は来はしない。幸運を望む男よ、お前が二つ結果を得る為に、十の事を為したら必ず、幸運は来るぞ。

山本周五郎

10.

人間は調子のいいときは、自分のことしか考えないものだ。自分に不運がまわってきて、人にも世間にも捨てられ、その日その日の苦労をするようになると、はじめて他人のことも考え、見るもの聞くものが身にしみるようになる。

山本周五郎

11.

人間の一生には晴れた日も嵐の日もあります。どんなに苦しい悲惨な状態も、そのまま永久に続くということはありません。現在は現在、きりぬけてみれば楽しい昔語りになるでしょう。まあ焦らずに悠くり構えるんですね。こんな暮らしの中にもまた味のあるものですよ。

山本周五郎

12.

人間がこれだけはと思いきったことに十年しがみついていると、大体ものになるものだ。

山本周五郎

13.

どんなに賢くても、人間は自分の背中を見ることはできない。

山本周五郎

14.

能ある一人の人間が、その能を活かすためには、能のない幾十人という人間が、眼に見えない力を貸している。

山本周五郎

15.

ある意図によって操作されたものは、たいてい他の意図によって潰される

山本周五郎

16.

人間の真価は、彼が死んだ時、何を為したかではなく何を為そうとしたかである。

山本周五郎

17.

専門家を感心させる小説を書くのは、そう難しくはない。しかし、素人を侮ってはいけない。

山本周五郎

18.

人の一生は曲がり角だらけだ。

山本周五郎

19.

十のもので百のたたかいをする力は自分にはない。けれども十のものを十だけにたたかいきることはできそうだ。

山本周五郎

20.

あやまちを犯す人間は、たいてい責任を人になすりつけるものだ。

山本周五郎

21.

人間はたいてい自己中心に生きるものだ、けれども世間の外で生きることはできない。

山本周五郎

タイトルとURLをコピーしました