村山聖 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

自分には夢がふたつある。ひとつは名人になって将棋をやめてのんびり暮らすこと。もうひとつは素敵な恋をして結婚すること。

村山聖

2.

病気を抱えながら生きる自分が自分自身であり、それを切り離して考えることはできない。病気が自分の将棋を強くし、ある意味では自分の人生を豊かなものにしているのだ

村山聖

3.

人は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。僕は、死んでも、もう一度人間に生まれたい。

村山聖

4.

どうしてですか?どうしてせっかく生えてくるものを切らなくてはいけないんですか髪も爪も伸びてくるのにはきっと意味があるんですそれに生きているものを切るのはかわいそうです

村山聖

5.

名人になるんじゃ

村山聖

6.

僕はガンと自分自身の力で戦います

村山聖

7.

何のために生きる?勝つも負けるも地獄…

村山聖

8.

自分が20歳になれるとは思ってなかった。20歳になれてすごくうれしいです

村山聖

9.

だんだん時間が経つにつれ病気になったことで、自分が得をしたという考えになった。

村山聖

10.

私にとってこの病気は体の一部になりました。もう、十何年も走っていません。もう、走ることはないでしょう。しかし、力いっぱい走る体験よりもっともっとたくさんの体験をこの病気はくれたように思います

村山聖

11.

森先生、弟子を全員破門してください

村山聖

12.

勝負の世界には、後悔も情けも同情もない。あるのは結果、それしかない

村山聖

13.

対局前は無心か、相手を殺す、このどちらかの気持ちだ。体調の悪いときはだいたい殺すという気持ちのほうが強い。初めは倒すという感じだったが、それでは生ぬるい。自分は将棋しかできない人間、ならば将棋を負けるのは殺されるも同然

村山聖

14.

40度になってない。大丈夫や。(熱を出した時)

村山聖

15.

新聞に出るまで弟子に黙っているなんて、考えられないと思いますけどねぇ(師匠の披露宴スピーチにて)

村山聖

16.

私のタイトル戦でも、名誉なタイトル戦で、印象に残っている

村山聖

17.

子供を作れなくなるのが嫌だから(膀胱がんの手術を拒否した時)

村山聖

18.

脱走してでも行く(8時間半の手術を終えた後)

村山聖

19.

優勝したはずなんですが、ポカしてしまいました(NHK杯の優勝を逃して)

村山聖

20.

生きる(晩年に答えた今年の目標)

村山聖

21.

2七銀(病床での最後の言葉)

村山聖