黒田官兵衛 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

最後の勝ちを得るにはどうしたらいいかを考えよ

黒田官兵衛

2.

金銀を用いるべき事に用いなければ、石瓦と同じである

黒田官兵衛

3.

戦いは考え過ぎては勝機を逸する。たとえ草履と下駄とをちぐはぐに履いてでもすぐに駆け出すほどの決断。それが大切だ

黒田官兵衛

4.

気が合う家来、合わない家来とでは、仕置の上にもこのような私心ができてくるものであるから、みな、よく注意せねばならぬ

黒田官兵衛

5.

その人の本質はそのまま残し変化に対応するには、常に柔軟でなければいけない

黒田官兵衛

6.

人に媚びず、富貴を望まず

黒田官兵衛

7.

我が君主は天にあり

黒田官兵衛

8.

まず自分の行状を正しくし、理非賞罰をはっきりさせていれば、叱ったり脅したりしなくても、自然に威は備わるものだ自ら活動して他を動かすは水なり

黒田官兵衛

9.

四角な器にも円い器にも水は器に応じて入る

黒田官兵衛

10.

天下に最も多きは人なり。最も少なきも人なり

黒田官兵衛

11.

私一人の注意では、多くの家来たちに届くまいから、見逃すことも多いだろう。よくないことがあったなら、遠慮なく知らせて欲しい

黒田官兵衛

12.

その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い

黒田官兵衛

13.

常日頃好むところでも、よくこれを選び慎むことが大切である。主人の好むところは、家来や百姓町人も、自然とその真似をするものであるから、とくに注意せねばならぬ

黒田官兵衛

14.

人間には必ず相口、不相口というのがある。相口というのは、他人の心をよく知ってそれに合わせる事だ。不相口というのは、逆らって異見を言う者をいうもらった者は喜ぶであろうがもらわぬ者は恨むであろう。誰にやって誰にやらない、でよいというわけのものではない

黒田官兵衛

15.

自ら潔うして、他の汚濁を洗い、しかも清濁併せ容るるは水なり

黒田官兵衛

16.

障害に遭いて激し、その勢力を百倍にするは水なり

黒田官兵衛

17.

おまえは時々、部下を夏の火鉢やひでりの雨傘にしている。改めよ

黒田官兵衛

18.

その時、お前の左手は何をしていたのだ?

黒田官兵衛

19.

思いおく言の葉なくて、ついに行く、道は迷はじなるにまかせて

黒田官兵衛

20.

槍・太刀・弓馬の諸芸を自から行なうのを、身分の低い者の仕事であるとして、自分で一度も行なわなかったならば、家来たちの武芸も進歩することがないだろう

黒田官兵衛

21.

上司の弱点を指摘するな

黒田官兵衛

タイトルとURLをコピーしました