国枝慎吾 珠玉の名言・格言21選

アスリートの名言

1.

与えられた命なんだ。どんなときもあきらめずに生きていこう。

国枝慎吾

2.

チャンピオン、金メダリストとしての存在感を磨きながら、あえて挑戦者でいることが必要かなと思います。守りに入るのが一番危ないので、自分自身に対しても挑戦者であること。その意識を大切にしていきたいと思っています

国枝慎吾

3.

世間の目が僕に向いているうちにプロとして活躍することで、僕の後に続く世代に道ができる

国枝慎吾

4.

世界を目指す人たちは誰もが負けず嫌いですが、その中でもさらに負けず嫌いじゃないと勝てないんですよ

国枝慎吾

5.

車いすテニスって面白いと感じてもらいたい。だから、勝つだけでなく、魅せながら勝つテニスをしていきたい。

国枝慎吾

6.

私がプロとしてやり遂げられたら、障がい者スポーツに携わる多くの方々に夢を与えられる。障害を持っている子供たちに『車いすテニスプレーヤーになりたい』と夢を持ってもらえる。

国枝慎吾

7.

一球に全力をこめる。

国枝慎吾

8.

やはり毎日の練習は自分を支えてくれる糧ですね。あれだけ頑張って練習してきたじゃないか!絶対に勝つ。

国枝慎吾

9.

壁にぶち当たったり、一進一退を繰り返したときも『絶対に乗り越えられる!』と自分を信じれば、いい方向に行けると思うんです。

国枝慎吾

10.

何万本も打ってきた。

国枝慎吾

11.

メンタルの安定性とか、技術がひとつ優れているとか、そういった小さいことの積み重ねで勝ってきたと思ってるんです。

国枝慎吾

12.

詰め切れないのは、まだやらなきゃいけないことがあるということ。

国枝慎吾

13.

両親に不幸を嘆いた記憶はない。そのまま一生、車いす生活になるという意識がなかったのかも。

国枝慎吾

14.

一球に全力をかけてプレイすることが勝利への近道

国枝慎吾

15.

(敗戦の直後に)自分の納得できるプレーややりたいプレーではなく、最近は負けないテニスをしていた。

国枝慎吾

16.

常にチャレンジを意識し、決断、行動してきたし、これからもしていく。

国枝慎吾

17.

気持ち的に以前と違うのは、試合で『勝つこと』への執念ですね。 『自分は勝ちへの執念が世界で一番強い』と思っていましたが、もっと強くなりました。

国枝慎吾

18.

車いすになったからと落ち込んだり、自分の将来を悲観することはなかったです。

国枝慎吾

19.

連続ポイントを取られると不安になりますが、『オレは最強だ!』の文字を見ると『自信を持っている自分』になれる。

国枝慎吾

20.

『緊張感に勝つ』ことは自分に勝つことでもあり、達成感が得られる瞬間なんです

国枝慎吾

21.

いつも負けを覚悟していますよ。そうでないと、練習にも身が入らないし、もっと伸ばそうと思えないですから

国枝慎吾