梅原大吾 珠玉の名言・格言21選

アスリートの名言

1.

自分のプレイで人の心を動かす力がプロには求められます

梅原大吾

2.

新しいものを否定しないこと。そして、新しいものから素直に学ぶ姿勢を忘れないこと。

梅原大吾

3.

成長し続けるためには、常に自分で課題を見つけ出し、自分自身にやる気を出させることが大事だと思います

梅原大吾

4.

どんな人生もうまくいく保証はない。頭の中にモヤモヤが残る人生は、ガキのころに十分味わった。だったらチャレンジしようと

梅原大吾

5.

不安を埋めるために長時間練習を続けていても、苦しいだけで結局何も身に付かないし、いいことなんて何一つないんです。自分を痛めつけることと努力することは違う。

梅原大吾

6.

人並みの苦労や悩みも生きていくうえで絶対必要だし、経験していたほうがいいと思ってた

梅原大吾

7.

対戦相手が100時間やるなら自分は300時間やり、攻略のための分析も徹底して初めて勝てるという意識でした

梅原大吾

8.

努力の仕方を間違わなければ、才能は越えられるものだと思います。

梅原大吾

9.

応援してくれてきた人たちを楽しませなければ、僕が今こうしてゲームをしている意味もないとさえ思っています

梅原大吾

10.

自分はいくつになっても最前線に立っていたいと思っていたので、プレイヤーとして力がなければ認めてもらえない世界は、自分の憧れていたものとブレがない。

梅原大吾

11.

小さな成果は、誰も評価してくれない。だから、自分のやっていることは誰よりも自分が評価しなくてはならない。

梅原大吾

12.

ゲームは面白い。自分の人生にはなくてはならないものなんだ。そう考えるようになると、意外にもゲームの世界で道が開けていきました。

梅原大吾

13.

勝負のとき、感情は動かないほうがいい。怖がったり、焦ったり、興奮したり……。こういった感情は、すべて勝負には向いていない。

梅原大吾

14.

自分が勝てたのは、知識、技術の正確さ、経験、練習量といった当たり前の積み重ねがあったからで、得体の知れない自分と言う存在が相手を圧倒して手にした勝利などでは決してないということ

梅原大吾

15.

勢い任せで分析を怠ってきた人間は、究極の勝負の場面でススススっと引かざるを得なくなる。覚悟を持って戦いに挑んでいる相手を前にすると、自信を持って前に出て行くことができなくなるのだろう。

梅原大吾

16.

センスや運、一夜漬けで勝利を手にしてきた人間は勝負弱い

梅原大吾

17.

物事の表面しか見ることができず、深く考察しない人間は、努力の過程を見ることなく結果だけを見てバカだ無謀だと吐き捨てる。

梅原大吾

18.

自分を高めるということは、何かを編み出したり、経験を積んだりすることで、自分の引き出しをいっぱいにすることではない。より新しく、かつ良いものを生み出し続ける姿勢こそが、遥かに大事なことではないだろうか

梅原大吾

19.

強さの秘密を知っているのは、強さを手に入れた者だけ。だから、そういうプレイにのみ「神」が宿り、誰もが興奮して、心を動かされる。

梅原大吾

20.

考えることを放棄して、ただ時間と数をこなすのは努力ではない。

梅原大吾

21.

「ルールは破るためにある」ではないが「セオリーは疑うためにある」。

梅原大吾

タイトルとURLをコピーしました