大谷翔平 珠玉の名言・格言21選

アスリートの名言

1.

誰もやったことがないようなことをやりたい。

大谷翔平

2.

僕は最初から野球が上手かったわけではない。僕より野球の上手い選手もたくさん見てきた。そこでダメだと思わずに、上手くなって勝手いくこと、そこが自分の才能だと思う

大谷翔平

3.

自分はここまでしかできないのかなと、憶測だけで制限をかけてしまうのはムダなことだと思います。

大谷翔平

4.

一日一日重ねるたびに、足りないところが見えてきます。どこまで野球が上手くなれるか、それを楽しみに頑張りたいと思います

大谷翔平

5.

打たなかったら負けるかもしれない打席でホームランを打った時は本当に楽しい

大谷翔平

6.

誰かがやった後に続くんじゃなくて、誰かがやったことをやるんじゃなくて、その上をとにかく超えていく。何か大事を成し遂げた人って、人々が無理だって不可能だって言ったことに対して「いや、できる」と思ったものが新しいものを作ってった。

大谷翔平

7.

二刀流についていろいろ言われますが、言いたい人には言わせておけばいいし、自分がしっかりやっていればそれでいいのかなと思っています

大谷翔平

8.

頭で最初に考えて、そして後からモノができる。160キロ投げている姿がある。そこに後からできる現実がある。

大谷翔平

9.

調子が悪い時にどうするかというのが一番大事なので、そこが課題ですね

大谷翔平

10.

どんどんよくなっていく過程で結果が出て、結果的に良かったと思ってもらえるのが一番。別に、僕がそこで何か説明しても、言い訳にしか聞こえないじゃないですか。

大谷翔平

11.

周りからは失敗に見えることでも、僕からしたら前へ進むための段階という場合があります。決して、後ろに下がっているわけではない。

大谷翔平

12.

自分の理想のバッティングはデータを活用しないバッティング。ベース版の上を通るボールを、どんな球種でも、どんな速度でも、何も考えず来た球を打ってホームランにできるというのが究極のスタイルじゃないかなと

大谷翔平

13.

栗山監督は僕がたいしたことない、まだ無名だった選手の時から僕の可能性を見てくれていました。だから、すごく信頼はありましたね。この人なら大丈夫。一緒にやりたいなっていう気持ちがどんどん出てきたって感じ。

大谷翔平

14.

球速を上げるためにトレーニングしていたのかと言われれば、そうじゃなくて、投手としての総合的な部分でそれが必要だなと思ったからそうしたのであって、球速を上げるためのトレーニングではなかったんですけどね。結果的に上がったなと

大谷翔平

15.

いい時はいい、悪い時は悪い。そういう割り切りも大事かなと。ピッチャーの時もベンチでは自然体でいればいいんだと自分で思うようになりました。

大谷翔平

16.

「二刀流」誰もやったことがないからやっている自分しかやっていないところに魅力があるそこに、自分にしか出来ない仕事があるんじゃないか。

大谷翔平

17.

ピッチャーはゲームを作れる。バッターはゲームを決められる。

大谷翔平

18.

だいたい6時間から7時間はトレーニングをしている。

大谷翔平

19.

やれるかやれないかではなくて自分次第

大谷翔平

20.

誰しもが出来るところでやっても何の得にもならない

大谷翔平

21.

自分の限界を作りたくない

大谷翔平

タイトルとURLをコピーしました