井岡一翔 珠玉の名言・格言21選

アスリートの名言

1.

ボクシングは自分が輝ける場所だから、そこでは絶対に負けたくない。

井岡一翔

2.

何の根拠もなかったですが、世界チャンピオンになりたいとはずっと思っていました。

井岡一翔

3.

自分の強さに満足したら、それ以上、伸びないと思っています。試合内容うんぬんよりも、自分自身がそう思った時点で成長が止まる。そうなるとボクシングを続けている楽しみがなくなりますから。

井岡一翔

4.

単純に「今よりも強くなりたい」という気持ちだけでずっとやってきています。

井岡一翔

5.

負けた試合はどの試合も悔しいし、勝った試合はどの試合もうれしい。一試合一試合にいろんなことが詰まっています。

井岡一翔

6.

もし負けるようなことがあれば、それは過去の敗戦の悔しさや涙を忘れていることになってしまう。勝つことによって自分の過去を変えなきゃいけない。

井岡一翔

7.

「あの時の負けがあるからこそ、今の井岡がある」と言われるのであれば、それは過去が変わったことになるのではないでしょうか。負けたつらい過去が輝く大切な過去になる。

逆に、「あの時に負けていなかったら、井岡はもっといいところまで行けていたはずなのに」と言われるようであれば、それは、ただの惨めな負けです。

井岡一翔

8.

リングに上がるのは自分一人。だれも助けてくれないですから。自分がやってきたことしか信じられない。だから、やるしかない。

井岡一翔

9.

レールは周りが敷いてくれる。僕はそのレールを全力疾走するだけですから。

井岡一翔

10.

僕がライトフライ級にいる限り、僕のスペースしか空いていない。この座は誰にも譲らない。

井岡一翔

11.

世界戦ぐらいのレベルになると、実力の差は、本当に紙一重。だから、どれだけ納得のいく練習をした上でリングに上がってきたのか、苦しくなったときに競り勝てる精神力を持っているのかが、最後には勝負の分かれ目になる。

井岡一翔

12.

練習量では誰にも負けないと思う。とにかく自分で納得がいくまで練習する。納得のいく練習をやりきってから、リングに上がる。練習をしないでいると、不安なんです。不安があるから練習する。練習すると不安も減っていく。

井岡一翔

13.

遊ぶ時間があれば練習したい。

井岡一翔

14.

まだ目指す場所がある。人生をかけて闘いたい。

井岡一翔

15.

勝負する時は勝負しないと。

井岡一翔

16.

成長過程の課題はあったとしても、昨日は昨日でベストだった思います

井岡一翔

17.

一番は勝つことです。どんないい試合をしても、負けたら何もならないんですから

井岡一翔

18.

(ドーピング騒動について)やってきたことを侮辱されて、命をかけて闘ってきた人生を傷つけられた。つらかった。

井岡一翔

19.

負けてもそこから学べば、成長の一番の近道になる。

井岡一翔

20.

チャンピオンだからといって『統一戦だけしたい』とふんぞり返っていても自分の流れにはならない。チャンピオンとしてどんな相手でも迎え撃つことが、次にやりたい試合にもつながると思う

井岡一翔

21.

自分がずっと言っている統一戦を実現して、この階級で日本人ボクサーとして井岡一翔が一番強いと証明したい

井岡一翔

タイトルとURLをコピーしました