城山三郎 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

一日一快。一日を振り返って、ひとつでも爽快、愉快だと思うことがあれば、それでよし。

城山三郎

2.

この日、この空の下に在るこの私を、かけがえのないものとして前向きに受け止めていたか、どうか」そのことを実感するかしないかで、人生は大別される

城山三郎

3.

どんなに自由な時間が与えられても、やはり自分自身で、生活の中にけじめをつけないと、成り行きまかせで一日一日を過ごしていたら、老化は加速度的に早くなる

城山三郎

4.

人生、不遇続きの中でもくじけることなく、何か心掛けてさえいれば、いつか、一直線に駆け抜ける日が来る

城山三郎

5.

ひとりでは何もできぬ。しかし、ひとりが動かなければ何もできぬ

城山三郎

6.

スランプは、新しい飛躍のための陣痛のようなものだ。陣痛がなければ、子供は生まれない

城山三郎

7.

やはり世のため人のために尽くすのが人の上に立つリーダーの生きがいであり、トップの私心とはそういうものであるべきだと思います

城山三郎

8.

善き戦争はなく、悪しき平和というものもない

城山三郎

9.

永い眼で見れば、無限に続く連鎖の中の一環に過ぎない

城山三郎

10.

人間の言葉は、所詮語るその人の世界しか語らない

城山三郎

11.

田舎はいいんだな。人間を変えない。東京じゃ、空気が人間を変えてしまう

城山三郎

12.

静かに行く者は健やかに行く。健やかに行く者は遠くまで行く

城山三郎

13.

楽観も悲観もない。人間のつくるもので100パーセントうまく行くなんてものがあるはずがない

城山三郎

14.

この世の中には、あきらめなくてはならないことなんて、ひとつもない

城山三郎

15.

心労の伴わないものは、単なる労働なのだ

城山三郎

16.

将の条件というのは、人がついてくるということです

城山三郎

17.

人生の持ち時間に大差はない。問題はいかにして深く生きるかである

城山三郎

18.

僕が魅力を感じるリーダーというか人間は、常にあるべき姿を求めていることが一つ。それから、生き生きしているということ。それは教養とか文化に対する関心だけじゃなくて、人間に対する関心、好奇心を失わないことですね。三つ目がいやしくないということ

城山三郎

19.

背伸びして視野を広げているうち、背が伸びてしまうこともあり得る。それが人生の面白さである

城山三郎

20.

行儀の悪い人はいつでもいますよ。しかし、行儀の悪い人はどこにも通用しない。一発勝負やって当てる程度。いずれは行き詰る

城山三郎

21.

人間にはいつも四人の人間が住んでいる。一人は探検家、一人は芸術家、もう一人は戦士、四番目は判事。この四人が正常に機能している人が、一番素晴らしいリーダーになれる

城山三郎