フィリップ・コトラー 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

マーケティングの基本となる最も重要な概念は、人間のニーズである。

フィリップ・コトラー

2.

マーケティングは販売に注力するのではなく、むしろ販売が不要なほど魅力的な製品の開発に注力すべきだ。

フィリップ・コトラー

3.

ボツになったアイデアは記録しておくべきだ。ボツになったアイデアの山が、別の人のインスピレーションの源となる場合もあるからだ。

フィリップ・コトラー

4.

市場の変化とは、本質的に顧客の行動の変化です。いままでは何気なくお金を使っていたけれど、これからはそうはいきません。新しい価値をどこに見出していくのか、何が大切だと考えるようになるのか。

フィリップ・コトラー

5.

サービスを工業化したり経費を削減しようとすると、短期的には効率が上がるが、長期的には、サービス品質を刷新したり維持したり顧客ニーズに答える能力を減少させることになる。

フィリップ・コトラー

6.

皆がマイナス思考に陥っているときにこそ、違う視点から市場を見つめ、大胆に行動することこそがマーケティングの真骨頂なのです。

フィリップ・コトラー

7.

マーケティングは一日あれば学べる。しかし、使いこなすには一生かかる。

フィリップ・コトラー

8.

失敗から何かを学び、成功に結びつけるのが真のマーケティングである。

フィリップ・コトラー

9.

マーケティングとは経営そのもので、消費者に自社を愛してもらうことが最終的なゴールだ

フィリップ・コトラー

10.

未来を見通すためには、歴史を知らなければなりません。

フィリップ・コトラー

11.

顧客を理解すること。そして顧客ごとの異なるニーズを見抜くことが重要だ。

フィリップ・コトラー

12.

新製品をともに作り出すという意識は、従業員やサプライヤー、流通業者といった利害関係者にも持ってもらうべきだ

フィリップ・コトラー

13.

自分に次の問いかけをしなければならない。我々の事業は何であるか。顧客はだれであるのか。消費者は何を価値あるものと評価するのか。事業はどうあるべきか。

フィリップ・コトラー

14.

マーケティング戦略を立案するためには、カテゴリーを明確にしておく必要がある。なぜなら、自社がどの領域で、どのような企業と競争しているのかを把握しなければ、マーケティング戦略は構築できないからだ

フィリップ・コトラー

15.

賢い企業は、自社の製品が確実に実行できることだけを約束し、実際にはそれ以上のものを市場に出して顧客を喜ばせることを目指す

フィリップ・コトラー

16.

あらゆるものがブランドであり、あらゆる人がブランドである

フィリップ・コトラー

17.

日本企業の問題はライバルが出現したことではなく、ライバルの出現を脅威だとは思わなかったり、無関心だったりしたことです

フィリップ・コトラー

18.

マーケティング上のイノベーションは日時や場所を特定して生み出せるようなものではない。マーケティング部門で、そして企業全体で、日常的にアイデア創出の努力がされなければ不可能だ

フィリップ・コトラー

19.

有望と思えたアイデアが、本当はどの程度の価値を持つのか。それを調べるための資金をきちんと確保しておく必要がある。必要な金額はアイデアごとに違ってくる

フィリップ・コトラー

20.

なぜその人はあなたの企業やその商品を選んだのか、その本当の理由を理解するためには、直接会話することが重要です

フィリップ・コトラー

21.

大事なのは、今調子がいい企業だけに注目するのではなく、良いときも悪いときも切り抜けて長く続いている企業に特別の注意を向けることです

フィリップ・コトラー