灰谷健次郎 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

あなたの知らないところにいろいろな人生がある。あなたの人生がかけがえのないように、あなたの知らない人生もまたかけがえがない。人を愛するということは、知らない人生を知るということだ

灰谷健次郎

2.

仕事が深ければ深いほど、いい仕事であればあるほど、人の心に満足と豊かさを与える。

灰谷健次郎

3.

人間いうたら自分ひとりのことしか考えてへんときは不幸なもんや。

灰谷健次郎

4.

どんなにつらい時でも、どんなに絶望的なときでも、本気で人を愛することのできる人がえらい人なのだと思うのです

灰谷健次郎

5.

どんなに苦しくてもこの仕事をやりぬけ。それが抵抗というものじゃ

灰谷健次郎

6.

自分の子どもの行動を、他人や友達のせいにするような薄汚い親だけにはならんとこ。

灰谷健次郎

7.

人間は抵抗、つまりレジスタンスが大切ですよ、みなさん。人間が美しくあるために抵抗の精神をわすれてはなりません

灰谷健次郎

8.

生身のじいちゃんはやがてこの世から消えていくが、おまえの心に宿っているじいちゃんは、いつまでも生き続けるわい。

灰谷健次郎

9.

力が強くても正しくなければ、それは暴力と同じです。悪い人が暴力を振るっても、すぐにやり返して傷つけたりせず、正しいことを教えるのも、愛のひとつです。

灰谷健次郎

10.

人は時に憎むことも必要な場合もあるのでしょうけれど、憎しみや怒りにまかせて行動すると、その大事なところのものが吹っ飛んでしまうのが怖い。

灰谷健次郎

11.

憎しみで人に接していると、人相が悪くなるわ。正義もけっこうだけど、人相の悪い人を友達に持ちたくない。

灰谷健次郎

12.

強いものは、柔らかくて優しい。

灰谷健次郎

13.

負けず嫌いもいいけど、度を越すと性格歪むよ。

灰谷健次郎

14.

神様が、人間に授けてくれた記憶という宝物は、つまらんことを覚えるためにあるわけじゃない。自分につながった人間の魂を、いついつまでも覚えていて、その人を生かしておくためにある。死んだ人を生かし続けるのは、たぶん人間だけじゃろ。

灰谷健次郎

15.

出合いを大切にすると、見えなかったものが見えてくる。好き嫌いが激しいと、せっかくの出合いを遠ざけてしまい、見えるものまで見えなくなってしまう。

灰谷健次郎

16.

人の仕事はこれまで、色々学ばせてもらったことへのお礼。いつも人の役に立っているという、心棒がなければそれは仕事ではない。

灰谷健次郎

17.

自分にカッコ悪い、というのが一番大事や。人の目なんかは、本当はどうでもええんや。カッコつける、というのは人の目を意識しての行動やろ。そこらあたりをうろちょろしてる奴は、スケールが小さい。

灰谷健次郎

18.

人は悪いこともして人間になる、とでも言うんかな。自分の欲望に負け、みっともないことをして自分を知る。そういうこともあるやろ

灰谷健次郎

19.

知らなくてはならないことを、知らないで過ごしてしまような、勇気のない人間になりたくない。

灰谷健次郎

20.

人間の優しさや楽天性の通らない社会は、何処かに大きな病巣を抱えているものだ。 人間の犯す罪の中で最も大きな罪悪は、人が人の優しさや楽天性を、土足で踏みにじることだろう。

灰谷健次郎

21.

人に好き嫌いがあるのは仕方がないが、出合ったものは、それが人でも、ものでも、かけがえのない大事なものじゃ。

灰谷健次郎

タイトルとURLをコピーしました