上杉謙信 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり。

上杉謙信

2.

運は天にあり、鎧は胸にあり、手柄は足にあり。何時も敵を我が掌中に入れて合戦すべし。
(運命は天に任せ、自分の心の強さで自分を守り、自分の足で立って歩みを進めて目標を達成する。どんな相手でも自分の手の上で転がして戦う)

上杉謙信

3.

大将たる者は仁義礼智信の五を規とし、慈愛を持って衆人を哀れむ。

上杉謙信

4.

人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり

上杉謙信

5.

我は軍兵をもって戦いを決する。塩をもって敵を困窮せしむる事をせじ

上杉謙信

6.

手にする道具は得意な物で良い。飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ

上杉謙信

7.

大事なのは義理の二字である。死ぬべきに当たってその死をかえりみず、生きる道においてその命を全うし、主人に先立つ、これこそ武士の本意である。

上杉謙信

8.

義とは、人が人としてあることの美しさよ。

上杉謙信

9.

人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮を持ってなすべきだ。軽率なことを言ってはならぬ。

上杉謙信

10.

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。

上杉謙信

11.

武士は馬を我が足と思い、弓鎗を左右の手と定め、敵を撃つ刃は己の心と考え、常に武道をたしなむ事が、本意の核心である。

上杉謙信

12.

昔時の名将は、暑日に扇をとらず、寒日に衣をかさねず、雨の日に笠を用いずして、士卒への礼とす。

上杉謙信

13.

戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行を多く与え、人の長としてはならない。

上杉謙信

14.

わしを毘沙門天と思え

上杉謙信

15.

依怙(えこ)によって弓矢は取らぬ、 ただ筋目をもって何方(いずかた)へも合力す
(私利私欲で合戦はしない。ただ、道理をもって誰にでも力を貸す)

上杉謙信

16.

心に迷いなき時は人を咎めず

上杉謙信

17.

心に自慢なき時は人の善を知り

上杉謙信

18.

心に曇りなき時は心静かなり

上杉謙信

19.

心に欲なき時は義理を行う

上杉謙信

20.

我が命のある間、国家を裏切る者を平らげ、諸国を一つに帰して、貧困に陥った人々を安住ならしめる他に希望はない。もし謙信の運が弱く、この志が空しいものならば、速やかに病死を賜るべし

上杉謙信

21.

四十九年 一睡の夢 一期の栄華 一盃の酒。

上杉謙信