渋沢栄一 珠玉の名言21選

偉人の名言

1.

信用はそれが大きければ大きいほど、大いなる資本を活用することができる。世に立ち、大いに活動せんとする人は、資本を造るよりも、まず信用の厚い人たるべく心掛けなくてはならない。

渋沢栄一

2.

人は死ぬまで同じ事をするものではない。理想にしたがって生きるのが素晴らしいのだ。

渋沢栄一

3.

自分が信じないことは言わず、知ったからには必ず行うという思いが強くなれば、自然に言葉は少なく、行動は素早くなる。

渋沢栄一

4.

人生の行路は様々で、時に善人が悪人に敗けたごとく見えることもあるが、長い間の善悪の差別は確然とつくものである悪いことの習慣を多く持つものは悪人となり、良いことの習慣を多くつけている人は善人となる。

渋沢栄一

5.

死ぬときに残す教訓が大事なのではなく、生きている時の行動が大事なのだ。

渋沢栄一

6.

人は全て自主独立すべきものである。自立の精神は人への思いやりと共に人生の根本を成すものである。

渋沢栄一

7.

全て形式に流れると精神が乏しくなる。何でも日々新たにという心がけが大事である。

渋沢栄一

8.

一人ひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件である。

渋沢栄一

9.

長所を発揮するように努力すれば、短所は自然に消滅する。

渋沢栄一

10.

信用はのれんや見た目から得られるものではなく、確固たる信念から生まれる。

渋沢栄一

11.

反対者には反対者の論理がある。それを聞かないうちに、いきなりけしからん奴だと怒ってもはじまらない。問題の本質的な解決には結びつかない。

渋沢栄一

12.

もうこれで満足だという時は、すなわち衰える時である。

渋沢栄一

13.

商売をする上で重要なのは、競争しながらでも道徳を守るということだ。

渋沢栄一

14.

大金持ちになるよりも、社会万民の利益をはかるために生きる方が有意義である。

渋沢栄一

15.

ただそれを知っただけでは上手くいかない。好きになればその道に向かって進む。もしそれを心から楽しむことが出来れば、いかなる困難にもくじけることなく進むことができるのだ。

渋沢栄一

16.

人を選ぶとき、家族を大切にしている人は間違いない。仁者に敵なし。私は人を使うときには、知恵の多い人より人情に厚い人を選んで採用している。

渋沢栄一

17.

限りある資産を頼りにするよりも、限りない資本を活用する心掛けが肝要である。限りない資本を活用する資格とは何であるか。それは信用である。

渋沢栄一

18.

有望な仕事があるが資本がなくて困るという人がいる。だがこれは愚痴でしかない。その仕事が真に有望で、かつその人が真に信用ある人なら資本ができぬはずがない。愚痴をこぼすような人は、よしんば資本があっても大いに為す人物ではない。

渋沢栄一

19.

真の富とは道徳に基づくものでなければ決して永くは続かない。

渋沢栄一

20.

夢なき者は理想なし。理想なき者は信念なし。信念なき者は計画なし。計画なき者は実行なし。実行なき者は成果なし。成果なき者は幸福なし。ゆえに幸福を求むる者は夢なかるべからず。

渋沢栄一

21.

四十、五十は洟垂れ小僧、六十、七十は働き盛り、九十になって迎えが来たら、百まで待てと追い返せ。

渋沢栄一

この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
偉人の名言
シェアする
心を輝かせる名言集をフォローする
心を輝かせる名言集