室伏広治 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

一体人間はどこまで出来るのか。自分はそこにチャレンジしたい。

室伏広治

2.

メダルの色は何色でも、重要なことはそこに向かって努力していくこと。

室伏広治

3.

ある所を超えると、そのトレーニングではその上には行けなくなるところがある。結局は自分自身が編み出す以外ない。最近は自分でつくった練習以外、効果がなくなってきた。

室伏広治

4.

アスリートにも普通の仕事をしているひとにも、それぞれの人生があって、これが私の人生だという風景があると思うんです。僕にとってそれは、きらびやかなスポットライトを浴びる瞬間ではなく、穴を埋めたり、ハンマーを磨いたりする日常の作業なんです。

室伏広治

5.

技を極めるのは、紙を毎日重ねるようなもの。しかも、紙が本物でなければならない。瞬間のひらめきや、1日や2日でできるものではない。

室伏広治

6.

目標が高くなれば意識も高まる。

室伏広治

7.

周りを見ながら余裕を持って取り組む。それが「集中」だと思うんです。集中というと、ひとつのモノにギューっと入り込んでいく姿を考えがちですが、そうじゃない。視野を広く持って、のびのびしている状態。それが理想的です。

室伏広治

8.

(アテネオリンピックの投擲前に、グランドで寝転んだ理由を訊かれ)空を見てね、自分だけの星を探していたんです。

室伏広治

9.

できないことをやるのが練習。慣れてしまったらトレーニングとは言わない。だって、もうできてるんだから。

室伏広治

10.

全てがうまくいくとハンマーの重さがゼロになる。

室伏広治

11.

記録を超えることに悩むよりも、超えてからが自分の競技生活で本当の勝負になるんだと思ってやってきたんです。

室伏広治

12.

一人が出来るようになると、皆が出来るようになってくる。

室伏広治

13.

周りのみんなが合コンとか行って楽しそうに遊ぶのに、“くるくる回ってばかりで、俺は何をやってるんだ!?”と悩んだ時期もある。

室伏広治

14.

スランプは大切です。そこに陥らないと人はなかなか自分を直そうとしたがりませんから。

室伏広治

15.

弱い負荷しか体験したことのない人間は、強い負荷に耐えられない。「負」に対する免疫を作るためにはどん底を恐れてはいけない。いやむしろどん底をともにすべきだ。

室伏広治

16.

俺にしかできないことがある。精一杯やれることがあるのはかえって幸せなのではないか。

室伏広治

17.

昔を振り返らない。

室伏広治

18.

1年間ずっと最高の状態を維持するのは難しい。ピークを上手に持って行くのが試合に勝つ方法だ。

室伏広治

19.

僕にとってのベストな結果というのは、成績の良し悪しだけじゃありません。毎試合ごとに伸びている自分を感じていくことが重要なのです。

室伏広治

20.

さまざまな人のアドバイスに積極的に耳を傾けるということも心がけています。自分の殻には閉じこもらないことですね

室伏広治

21.

遠くへ放ち 更にその先を想う

室伏広治

この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
偉人の名言
シェアする
心を輝かせる名言集をフォローする
心を輝かせる名言集