日野原重明 珠玉の名言・格言21選

偉人の名言

1.

生きがいとは、自分を徹底的に大事にすることから始まる。

日野原重明

2.

自分のためにでなく、人のために生きようとするとき、その人は、もはや孤独ではない。

日野原重明

3.

鳥は飛び方を変えることは出来ない。動物は這い方、走り方を変えることは出来ない。しかし、人間は生き方を変えることが出来る。

日野原重明

4.

人間の夢見る幸福というのは、往々にして、貧乏するとか、仕事に失敗するとかあるいは病気にかかるということによって、一瞬にして不幸に変わってしまうような、儚いものである。病のなかにも心の幸福を得るためには、どうしたらよいかということを、考えなくてはならない。

日野原重明

5.

何事も、今ある規則のとおりにやっていたのでは進歩はない。規則を破るようなことをやらないと、現状はなかなか変わらない。規則を破ったとしても、皆が応援するような破り方をすればよい。そうすれば、新しい良い規則がずっと早く出来る。

日野原重明

6.

なんと言っても、人が人に与える最高のものは、心である。

日野原重明

7.

自分の命がなくなるということは、自分の命を他の人の命の中に残していくことである。自分に与えられた命を、より大きな命の中に溶け込ませるために生きていくことこそ私たちが生きる究極の目的であり、永遠の命につながることだと思う。

日野原重明

8.

人間は生き方を変えることができる。繰り返す毎日の行動を変えることにより、新しい習慣形成により、新しい習慣の選択を人間は決意できる。人間には選択の自由がある。そして、意志と努力により、新しい自己を形成することができる

日野原重明

9.

十歳の子どもというのは、もう大人なんですよ。あらゆることをピーンと感じる感性を持っているんです

日野原重明

10.

僕の昔の座右の銘は「人生半身浴」だったんです。もちろん、そんな言葉はないんですけどね

日野原重明

11.

命はなぜ目に見えないか。それは命とは君たちが持っている時間だからなんだよ。死んでしまったら自分で使える時間もなくなってしまう。 どうか一度しかない自分の時間、命をどのように使うかしっかり考えながら生きていってほしい。さらに言えば、その命を今度は自分以外の何かのために使うことを学んでほしい

日野原重明

12.

生かされている最後の瞬間まで、人は誰でも『人生の現役』なのですから

日野原重明

13.

私たちは運命を生きるのではなく、運命を作っていくのです

日野原重明

14.

幸福というものは、失われかけてはじめて気が付くものなのです

日野原重明

15.

かつて自分ができなかったこと、やり残したことを、思い切ってやることが、「夢を叶える」ということなのです

日野原重明

16.

ビジネスのために人間があるのではなく、人間が人間らしく生きるためにビジネスがある

日野原重明

17.

人間とはそもそも「病む」生き物であり、必ず欠陥を抱えて生きています。そのことを踏まえたうえで、今日という日を健やかに生きればいいのです

日野原重明

18.

医学以外のところで患者さんの心の支えになることが、本当の医術ではないか

日野原重明

19.

地位や名誉は死ねばなくなる。財産も残したところで争いの種をまくだけですが、『ありがとう』のひと言は、残される者の心をも救う、何よりの遺産です

日野原重明

20.

『余生をどう送りますか?』とよく聞かれます。私は『余生はありません』と答えます。100歳でも、いつでも現役だからです

日野原重明

21.

人を許せるか否か。それは人間に与えられた試練です

日野原重明

タイトルとURLをコピーしました