ad

ドラマ「コードブルー」珠玉の名言・格言21選

ad
ドラマ・書籍の名言
ad

1.

救命の世界に奇跡はない

藍沢耕作

2.

医者を続けることは、奇跡は起こらないってことを確認することかもしれない。

藍沢耕作

3.

残りの人生、お前(冴島はるか)に会うために使いたい。そのために使いきりたい。この病気に奇跡はない。残念だ。だけど、俺の人生は奇跡であふれてる。

田沢悟史

4.

ドクターヘリでは1つのミスも許されない

黒田脩二

5.

その答えは、たぶん現場にしかない

黒田脩二

6.

自分探しで見つかるのは、大抵は嫌になるようなみじめな自分。が、そんな自分と向き合って愕然として立ち止まるか、一歩進むかもまた自分次第だ。向いている方向が前なのか、それすらも確かではないけれど、私たちは一歩前に踏み出したい。ダメな自分と一緒に

白石恵

7.

結果より、努力する過程が大事だ。そんなこと真っ赤な嘘だと、大人になって、人は気づく。人は結果でしかものを見ない

緋山美帆子

8.

病院に戻ってから嘆くのか、ここでその患者を救うのか。決めるのはお前だ

藍沢耕作

9.

救命の世界に奇跡はない。医者になって最初に覚えたこと。2番目に覚えたのは、患者を前にして奇跡を願わない医者はいないということ

藍沢耕作

10.

毎日思い出すんです。黒田先生が事故にあった時。先生の右腕を押さえた時の、生温かい血液があふれ出てくる感触。思い出さずにはいられません。私は、黒田先生から言われたんです。誰よりも多く飛べと。

白石恵

11.

助けた患者は忘れていい。救えなかった患者だけ覚えておけばいいんだ。

藍沢耕作

12.

お前だから信じて任せられるんだ。指示を出すという形で、俺たちを守ってくれ。俺が行く。

藍沢耕作

13.

結果が全て。結果が良ければ、勇気ある決断と言われるし、悪ければ、人殺しと罵られて裁判にかけられる。誰もその過程には目を向けない。それが俺たちの仕事だ。

藍沢耕作

14.

結果とは何て残酷なものだろう。大学の医学部での6年間、100冊を超える医学書、全て将来患者を救うためと信じて費やした途方もない時間。それも悪い結果が出ると全て吹き飛ばしてしまう。たった一度のミスで全てを失ってしまう

緋山美帆子

15.

何のために医者をやるのか。世の中に必要とされてる充足感?人を救うという使命感?いや本当の理由は大切な人の笑顔のためだったり、患者からのありがとうの言葉だったり。たったそれだけのことで、医者は全てを犠牲にして頑張れたりする

白石恵

16.

ドクターヘリってさ、最後の砦なんだ。どんな患者でも、必要とされるなら行く。絶対に逃げない。それがドクターヘリだって。

藤川一男

17.

現場に行かなかったやつがデカイ口叩くな。患者を引き受けたら、最後まで治療をやり遂げるのが、医者の責務だ。

藍沢耕作

18.

現場でのミスや迷いが患者の未来を変えてしまうの。出来ないことは出来ないと言う。自分の限界を知ることが、腕を磨くことそれ以上に大切なのよ。

三井環奈

19.

医者は無力だ。いつも思い出すのは救えなかった患者のこと。だがのんびり悔やんでいる時間はない。出会って10年、一日のほとんどをお前たちと病院で過ごした。大切な人間に胸を張って大切だと言えることが、いかに尊いものなのか

藍沢耕作

20.

あなたに残された時間は少ない。でも、今をどう生きるかは選ぶことが出来ます。

緋山美帆子

21.

どんな名医だって、初めは未経験だ。放っておいたらその患者は死ぬんだぞ。オペにリスクは付きものだ。何もせずに死なせるくらいなら、俺はリスクを取る。

藍沢耕作