ad

忠臣蔵(赤穂浪士)の名言・格言21選

ad
ドラマ・書籍の名言
ad

1.

時は元禄15年師走半ばの14日

冒頭の語り

2.

殿中でござる!刀をお納めくだされ

梶川与惣兵衛

3.

狙うは怨敵、吉良上野介ただ一人

大石内蔵助

4.

この内蔵助の望みはただひとつ。怨敵・吉良上野介の首でござる。本懐を遂げる日まで、この内蔵助を信じ、おのおの方の命をお預け願いたい

大石内蔵助

5.

落ちぶれてこそ人の情けが身に沁みて有り難いもの

大石内蔵助

6.

この間の遺恨、覚えたるか

浅野内匠頭

7.

主の仇を討ちたる者に死を賜はらば、明日に事あるとも、誰か主のために命を落とさんや

赤穂浪士

8.

そんなこともわからぬのか、この鮒侍が

吉良上野介

9.

あら楽し 思いははるる 身は捨つる 浮世の月に かかる雲なし

大石内蔵助

10.

抑えること無用、もっとも相手によるべし

大石内蔵助

11.

極楽の 道はひとすぢ 君ともに 阿弥陀をそへて 四十八人

大石内蔵助

12.

おのおのがた、討ち入りでござる

大石内蔵助

13.

殿を切腹させたのだ、徳川家康公が決めた喧嘩両成敗という法がある以上は吉良上野介も切腹だろう

赤穂藩士

14.

殉死をする気は毛頭ござらん

大石内蔵助

15.

忠義をつらぬく大石家と、主君 浅野内匠頭様を邪魔した加古川家の縁談では釣り合いませぬ

りく(大石内蔵助の妻)

16.

死中に活を見出すのみ

大石内蔵助

17.

不義不忠の臣、腰の抜けた犬侍!顔を見るのも嫌じゃ。

瑤泉院

18.

この腰抜け侍

勝田新左衛門

19.

分かり申した、よぉく分かり申した。紛れもない本物の道中手形。不埒にも名前を語り出したるだん、ひらにお許しくだされ

垣見五郎兵衛

20.

子雀の涙よのぅ、主税よ、迷うでないぞ。ワシの考えは変わらぬぞ

大石内蔵助

21.

盃、下に置くべからず

大石内蔵助

この記事が気に入ったらいいねしよう
最新情報をお届けします。
自分旅行
「自分旅行」体験会 開催決定!

「本当の自分」が在る未来から
現在へ戻ってくる道筋を共に作る

本当の自分を思い出す「旅」へ
出かけよう。

\東京・名古屋で体験会実施中/

ドラマ・書籍の名言ドラマの名言
ad
心を輝かせる名言集